第62回関西胸部外科学会学術集会【演題登録】

演題募集要項
演題受付期間 2018年12月10日(月)~ 2019年1月31日(木) 正午 まで
2018年12月10日(月)~ 2019年2月8日(金) 正午 まで延長いたしました
※期間内のご登録にご協力いただけます様お願い申し上げます。

演題募集を締め切りました

お問い合わせの前に、よくある疑問点について をご覧ください。

演題募集

A. シンポジウム(公募)、B. 要望演題、C. ビデオセッション、D. Case Presentation 、E. 一般演題(口演)に分けて演題を募集いたします。以下のカテゴリー(分類)から選択してください。
一般演題、Case Presentation Awardを対象に学生の方の演題を募集します。
発表形式の決定につきましては、会長にご一任ください。

A. シンポジウム(公募・一部指定)
A-1 心臓 再手術に学ぶ:長期成績からのTOFの初回修復手術を考える

セッション趣旨

A-2 心臓 再手術に学ぶ:再手術から弁形成を考える

セッション趣旨

A-3 心臓 再手術に学ぶ:TAVIの合併症pitfallを回避する為の戦略

セッション趣旨

A-4 心臓 高齢、糖尿病、慢性腎不全等の重要臓器障害を有する患者の冠動脈バイパス術

セッション趣旨

A-5 心臓 再手術に学ぶ:TEVAR時代の弓部瘤の治療戦略

セッション趣旨

A-6 心臓 再手術に学ぶ:TEVAR時代のB型解離の治療戦略

セッション趣旨

A-7 呼吸器 再手術に学ぶ

セッション趣旨

A-8 食道 根治を目指した食道癌に対する治療戦略

セッション趣旨


B. 要望演題(公募)
B1-1 各分野共通 困難症例の手術計画の作成とトレーニング
B1-2 各分野共通 胸部外科手術における臓器障害を伴う場合の基本戦略
B2-1 小児(先天性)心臓外科 学童期~成人期に大動脈弓部への介入を必要とした先天性心疾患の補助手段とアプローチ:選択的脳灌流は何歳から必要か?
B2-2 小児(先天性)心臓外科 フォンタン手術とtake down
B2-3 小児(先天性)心臓外科 ファロー四徴 - 肺動脈弁論温存を求めて -
B2-4 小児(先天性)心臓外科 右室流出路再建 - monoscuspの役目と運命 -
B2-5 小児(先天性)心臓外科 成人先天性心疾患と再手術
B3-1 成人心臓外科 MICSのApproach法とpitfall
B3-2 成人心臓外科 TAVI時代の人工弁選択と役割
B3-3 成人心臓外科 三尖弁:mild~moderateに介入すべきか?
B3-4 成人心臓外科 弁形成術(大動脈弁・僧帽弁)のPitfall
B3-5 成人心臓外科 CABG - 端側吻合か側々吻合か -
B3-6 成人心臓外科 冠動脈バイパス術のquality評価
B3-7 成人心臓外科 心房細動に対する治療戦略とpitfall
B4-1 血管外科 shaggy aorta の治療戦略
B4-2 血管外科 DeBakey Ⅲb、上行血栓閉塞型大動脈解離の治療戦略は良いか?
B4-3 血管外科 慢性B型解離のre-entry に対する処置
B4-4 血管外科 肺塞栓:静脈血栓塞栓症
B5-1 呼吸器外科 小型末梢肺癌の確実な切除法
B5-2 呼吸器外科 縦隔腫瘍:切除範囲とアプローチ法
B6-1 食道外科 術前化学放射線治療法の治療成績
B6-2 食道外科 食道胃接合部癌に対する切除と再建

C. ビデオセッション(公募)
C-1 心臓血管外科
C-2 呼吸器外科
C-3 食道外科

D. Case Presentation Award(40歳未満対象)
2019年4月1日時点で40歳未満の方が筆頭演者の演題(症例報告)が対象となります。

各分野セッション別に審査し、優秀演題は学術集会1日目(2019年6月13日)夕方の全員懇親会で表彰を行います。最優秀賞・優秀賞・敢闘賞・・・等の多くの賞を準備しておりますので、ふるってご応募ください。

D-1 先天性心疾患
D-2 後天性心疾患
D-3 大血管
D-4 呼吸器
D-5 食道

E. 一般演題(口演)
E-1 心臓・大血管:先天性心疾患
E-2 心臓・大血管:弁膜症
E-3 心臓・大血管:冠動脈
E-4 心臓・大血管:大血管
E-5 心臓・大血管:不整脈
E-6 心臓・大血管:心不全
E-7 心臓・大血管:補助循環・心移植
E-8 心臓・大血管:心周術期管理・合併症
E-9 心臓・大血管:基礎研究
E-10 心臓・大血管:その他
E-11 呼吸器:肺悪性疾患
E-12 呼吸器:肺良性疾患
E-13 呼吸器:縦隔・胸膜疾患
E-14 呼吸器:気腫性・嚢胞性肺疾患
E-15 呼吸器:胸腔鏡手術
E-16 呼吸器:診断
E-17 呼吸器:肺移植
E-18 呼吸器:基礎研究
E-19 呼吸器:その他
E-20 食道:食道悪性疾患
E-21 食道:食道良性疾患
E-22 食道:鏡視下手術
E-23 食道:基礎研究
E-24 食道:その他

演題登録方法 本ページ最下部の「演題登録」ボタンから演題登録画面へお進みください。 当オンライン演題登録システムでは、【Internet Explorer】【Safari】【Firefox】 【Google Chrome】で動作確認を行っております。それ以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。Safariにおきましては、ver.2.0.3(417.9.2)以降のバージョンでご利用可能です。

文字数制限
演題名:全角60文字以内
抄録本文:全角600文字以内
※登録可能な最大著者数(筆頭演者+共著者):15名まで
※登録可能な最大所属施設数:5施設まで
写真、画像、グラフや、表は添付できません。

応募資格 発表は関西胸部外科学会会員に限ります。
未入会の方は必ず入会手続きをしてください。
入会に関するお問い合わせは関西胸部外科学会事務局までご連絡ください。

関西胸部外科学会 入会のご案内

http://plaza.umin.ac.jp/~kats/tetsuzuki/nyuukai.html

入会お問い合わせ先

関西胸部外科学会事務局
〒540-0024 大阪市中央区南新町2-4-3 グランドソレイユ1階 福田商店広告部内
TEL: 06-6941-5622 FAX: 06-6941-5625

COI(利益相反) 発表演題が臨床研究である場合、筆頭演者自身の過去1年間における発表内容に関連する企業や営利を目的とする団体に関わるCOIの申告が必要となります。
特定非営利活動法人日本胸部外科学会では、COIに関わる指針をホームページに掲載しています。

日本胸部外科学会 利益相反ページ

http://www.jpats.org/modules/about/index.php?content_id=24

上記のホームページを必ずご確認の上、演題登録をお願いいたします。
演題登録の際は「利益相反(COI)の申告(Disclosure of COI)(必須): 有・無・臨床研究 ではないので必要が無い」のいずれかにチェックを入れてください。当日発表の際、 COIの開示をスライドにて行っていただくことになります。
発表者はタイトルの次のスライドに掲示をお願いします。

臨床研究に関する倫理指針について
演題応募の際には、「臨床研究に関する倫理指針」に抵触しないことを確認してください。
なお、倫理指針の内容は下記のURLをご覧ください。

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/kousei/i-kenkyu/rinsyo/dl/shishin.pdf


推奨環境 当オンライン演題登録システムでは、【Internet Explorer】【Safari】【Firefox】 【Google Chrome】で動作確認を行っております。それ以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。Safariにおきましては、ver.2.0.3(417.9.2)以降のバージョンでご利用可能です。

パスワード 演題を最初に登録するときに登録者本人に任意のパスワードを決めていただきます。パスワードは(半角英数6~12文字)です。演題登録時の登録番号(自動発行)と、このパスワードを用いることにより、登録後の確認及び修正が、演題登録締切日まで可能です。確認・修正は確認・修正画面(本ページ下段にボタン有)より行ってください。登録番号、パスワードに関しては、必ずメモをとるなど保管するようにしてください。パスワードを紛失した場合でも、セキュリティの関係上、お問合せには一切応じられませんのでご注意ください。

演題登録時の
注意事項
ホームページへのアクセスが集中し、登録に時間がかかる場合があります。
演題名は全角60文字以内、抄録本文は全角600文字以内で投稿してください。
著者数(筆頭演者+共著者)は15名まで、所属は5施設まで登録できます。
のように丸数字は使用できません。
のようなローマ数字も使用できません。英字の組み合わせで、II、VI、XIのように入力してください。
シンボル(symbol)書体半角(1バイト文字)のαβγ等を使用するとabcなどに自動変換されてしまいますので使わないようにしてください。必ず全角(2バイト文字)のαβγを利用してください。
半角カタカナは使用できません。カタカナは全角で、英字および数字は半角で記入してください。 タイトルおよび抄録本文で上付き文字、下付き文字、斜め(イタリック)文字、太文字、改行、アンダーラインを使うときに用いる<SUP></SUP>、<SUB></SUB>、<I></I>、<B></B>、<U></U>、<BR>の記号はすべて半角文字(1バイト文字)を使用してください。本文中に単独で < または > を利用するときは、全角文字(2バイト文字)を使用してください。
上付き文字が必要なときは、文字の前後を<SUP>と</SUP>で囲ってください。
(例)Na<SUP>+</SUP> は Na+ となります。
下付き文字が必要なときは、文字の前後を<SUB>と</SUB>で囲ってください。
(例)H<SUB>2</SUB>O は H2O となります。
イタリック文字が必要なときは、文字の前後を<I>と</I>で囲ってください。
(例)<I>c-fos</I> は c-fos となります。
太文字が必要なときは、文字の前後を<B>と</B>で囲ってください。
(例)<B>太文字</B> は 太文字 となります。
アンダーラインが必要なときは、文字の前後を<U>と</U>で囲ってください。
(例)
<U>アンダーライン</U> は アンダーライン となります。
抄録本文内で改行を入れたいところには、改行したい文の頭に<BR>を記入してください。
英文や数字を入力する際、O(アルファベット)と0(数字)や、l(アルファベットL小文字)と1(数字)、あるいはX(アルファベット)と×(かける)などきちんと区別してください。
音引き「ー」とダッシュ「―」、マイナス「-」とハイフン「-」などの使い分けをしてください。
英文入力の際にひとつの単語をハイフン(-)で切ることは行わないでください。
写真、画像、グラフや、表は添付できません。
オンライン登録をご利用の場合は、ブラウザの戻るボタンは使用しないでください。
その他の、よくある疑問点については こちら をご覧ください。
その他不明点は、第62回関西胸部外科学会学術集会 運営事務局までお問い合わせください。

演題の受領通知
演題登録完了後、画面に登録番号が表示され、同時にご登録のE-mailアドレスに確認メールが配信されます。こちらの登録番号と確認メールをもって、演題受領通知に代えさせていただきます。
登録番号および自分で設定したパスワードは、演題の確認・修正・削除に必要となりますので、必ずお手元にお控えください。第62回関西胸部外科学会学術集会 運営事務局では、受付番号およびパスワードのお問合せには応じかねますので、予めご了承ください。
登録番号とパスワードを入力することにより、演題登録期間中に限り、ご自身で登録内容の変更や演題の削除が可能です。
演題が登録・修正されたことをお知らせする確認メールが1日経過しても届かない場合は、ご登録のE-mailアドレスが間違っている可能性がありますので、「確認・修正画面」でご確認をお願いいたします。なお、E-mailアドレスが間違っていない場合は、登録処理が完了していない可能性がありますので、必ず演題登録締切日までにメールにて運営事務局(62ktsa@graffiti97.co.jp)までご連絡ください。
登録された抄録に関しては、誤字・脱字・変換ミスを含め、原則として第62回関西胸部外科学会学術集会 運営事務局では校正・訂正を行いません。そのまま印刷されますので、登録者の責任において確認してください。演題登録をされた後は、必ず演題登録確認画面をプリントアウトして保管しておいてください。
登録締め切り後の原稿の変更および共著者の追加、変更は一切できません。

公募演題の採否通知について 演題の採否については演題登録時に入力いただきましたE-mailアドレスへ採否通知をお送りする予定です。

ご登録いただいた個人情報は、第62回関西胸部外科学会学術集会の運営準備の目的以外での使用はいたしません。また、ご登録いただいた個人情報は、必要なセキュリティー対策を講じ、厳重に管理いたします。

演題投稿についての問合せ先
第62回関西胸部外科学会学術集会 運営事務局
株式会社 グラフティ
〒107-0052 東京都港区赤坂1-7-19 キャピタル赤坂5階
TEL:03-3583-1740 FAX:03-5545-5142
E-mail:62ktsa@graffiti97.co.jp
公募演題登録

指定演題(シンポジウム(指定))登録