WEA
2019年のアレルギー好酸球研究会のproceedingsが、APAAACIのofficial journalのAsia Pacific Allergy(APA)で、正規の号として掲載されました(令和2年4月30日)
https://www.apallergy.org/DOIx.php?id=10.5415/apallergy.2020.10.e23
アレルギー・好酸球研究会では、supplementなどで、 アジア 太平洋アレルギー・喘息・臨床免疫学会(Asia Pacific Association of Allergy, Asthma and Clinical Immunology: APAAACI)と連携することとなり、今回その一環として、本研究会のロゴを作成しました。また本研究会の英語名をThe workshop on eosinophils in allergy and related diseases、略称をWEAとしました

時下、先生におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
7月18日に開催を予定しておりましたアレルギー・好酸球研究会2020につきましては、新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、11月3日(火曜日祝日)(学術総合センター)に開催を延期することといたしました。
演題募集は、8月10日(月曜日)まで延長します。特別講演などのプログラムにつきましては、正式決定次第お知らせします。
ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
謹 白
令和2年4月4日
2020年研究会会長 権 寧博
代表幹事 永田 真

日  時 2020年11月3日(火・祝) 10:00〜17:00

場  所 学術総合センター 東京都千代田区一ツ橋2-1-2

会  長 權 寧博 (日本大学呼吸器内科)

プログラム
教育講演(ランチョン)
城 大祐 先生 東京大学大学院医学系研究科ヘルスサービスリサーチ講座 特任准教授
福永 興壱 先生 慶應義塾大学医学部呼吸器内科 教授
教育講演(コーヒーブレイクセミナー)
茂呂 和世 先生 大阪大学大学院医学系研究科 生体防御学教室 教授
特別講演
石井 優 先生 大阪大学大学院医学系研究科 免疫細胞生物学研究室 教授

Proceedingsについてのお知らせ
昨年度より、研究会のProceedingsが、アジア 太平洋アレルギー・喘息・臨床免疫学会(Asia Pacific Association of Allergy, Asthma and Clinical Immunology: APAAACI)のofficial journalのAsia Pacific Allergy(APA)で、正規の号として継続可能となりました。①採用されない場合があること②採用された場合については、ご負担金をお願いする場合がありますのでご理解ください
Asia Pacific Allergy(APA):https://apallergy.org/

ページの先頭





| アレルギー・好酸球研究会のお知らせ | 演題募集要項 | 会員登録 | 会 則 | 幹事一覧 | プロシーディングスのご紹介 |
| プロシーディングスのご紹介(2019年以降) | 本研究会プログラム | 関連学会リンク集 | 国際好酸球学会議(IES) | HOME |